雑談が得意になった!会話に頭の回転が速い・遅いは関係ないイメージ画像1



とっさに相手が言ったことに切り返せるって、すごいと思っていました。

しかも、単なる相槌とかではなくて、面白おかしく返せるって…。

そういうことができる人って「頭の回転が速いんだなぁ」と感心するしかなかったです。



人に好かれる会話術バナー画像

会話が続かない

会話というものが、とにかく苦手でした。

一応、喋れることは喋れるんですけど、上手く会話のキャッチボールができないというか、すぐに話が終わってしまうような感じでした。

会話が続かないんです。



特に雑談ですね。

しかも、自分が知らないことや興味のない話題になると、どうにもなりませんでした。

知っていることとかなら

「それって〇〇ですよね。この前テレビで△△ってやってましたよ」

と言えるし、興味があることなら

「それは□□とは違うんですか?」「××みたいな時は、どうするんですか?」

って感じで、質問することもできるんですね。

雑談が得意になった!会話に頭の回転が速い・遅いは関係ないイメージ画像2



ただ、全く興味もなく知らないこととなると

へぇ~そうなんですか…

で終わります。

相手だって、そんな反応じゃ話を続けたくはないでしょうし、申し訳ないと思いつつも、上手く返すことができないんです。



話が上手い人って、どんな話題でも話を終わらせることなく、展開させていくじゃないですか。

仮に知らないことだとしても、話を発展させて、自分の得意分野に持っていくような感じで、盛り上げることもできますよね。

相手を笑わせるようなことも言って、楽しい会話が成立しているように見えるんですよね。

雑談が得意になった!会話に頭の回転が速い・遅いは関係ないイメージ画像3



会話に頭の回転は関係ない!

自分もあんな風になりたいと思いつつも

あの人は、頭の回転が速いんだなぁ

ということは、頭の回転の遅い自分には無理だろう

と思ってしまい、半ば諦めていました。



でも、意外と簡単に上手い切り返しができるようになりました。

そのおかげで、会話が途切れることなく、どんどん話せるようになったんですよね。

具体的に何をやったかと言いますと、こちらの会話ノウハウをマスターしたんです。

雑談が得意になる方法

雑談が得意になった!会話に頭の回転が速い・遅いは関係ないイメージ画像4



特に難しいことはしてないんですよね。

時間的には2カ月ほど掛かったと思いますけど、その頃には会話が弾むようになったんです。

ユーモアのセンスを身につけることもできますから、相手が楽しんでくれるようになりました。

相手の笑顔で話してくれるし、場合によっては腹を抱えるほど大笑いさせることもできるので、自分も嬉しいし楽しい会話ができるんですね。



頭の回転がどうこうは関係なかったようです。

会話の進め方だったり受け答えの仕方など、やり方を知っていれば良いだけでした。

今では会話のキャッチボールが出来過ぎて、逆に困るくらいです。

時間が無くて、急いで話を終わらせてその場を離れたいのに、なかなか会話が途切れないので、焦ってしまうしまうくらいです。

雑談が得意になった!会話に頭の回転が速い・遅いは関係ないイメージ画像5



今までだったら遠慮することも多くて、そういう場から自分だけ離れるようなこともできず、「ちょっと〇〇に行かなきゃいけなくて…」というようなことを、途中で言うようなこともできませんでした。

でも、会話ができるようになって、自信がついたせいか、平気で話に割り込んで「じゃあ、また」と言えるくらいになりました。



ここまで、いろいろ変われるとは思っていませんでした。

すごく、毎日生きやすいんですよね。

今までが、どれだけ気を使い過ぎていたのかが分かりました。

精神的にも楽になって、良いこと尽くしです。



人に好かれる会話術バナー画像